東京都江東区の内科・皮膚科【南砂町おだやかクリニック】| 保険診療・パッチテストパネル検査

HOME > 保険診療 > パッチテストパネル検査

パッチテストパネル検査(保険適応)について

接触性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎を診断するパッチテスト用の簡便な検査キットです。

パッチテストパネルの特徴について

1ユニットの中に、パネル1とパネル2の2枚の検査用パネルがはいっています。

計24種類のアレルゲンを検査することができます。

これを背中の皮膚に2日間貼って、反応を見ます。

アレルゲンの種類について

以下のアレルゲンを同時に測定することができます。

種類 アレルゲン名
金属 ニッケル クロム
コバルト
樹脂 ロジン ペルーバルサム ブチルフェノールホルムアルデヒド
エポキシ
ゴム硬化剤 カルバミックス メルカプベンゾチアゾール メルカプトミックス
チウラムミックス
ゴム老化防止剤 黒色ゴムミックス
防腐剤 パラベンミックス イソチアゾリノンミックス ホルムアルデヒド
油脂 ラノリンアルコール
抗生物質 フラジオマイシン硫酸塩
局所麻酔剤 カインミックス
香料 香料ミックス
染料 パラフェニレンジアミン
水銀化合物 チメロサール

パッチテストパネル検査で何がわかるの?

これまで、なんとなく「金属アレルギーかな?」、「毛染めで皮膚があれたのかな?」、「洋服の繊維でアレルギーがでるのかな?」などと思われていたことに、検査を受けることで原因を特定できる可能性があります。また、検査により特定された原因物質をさけたり、歯に入れている金属を除去したりすることによって、皮膚の症状が軽減される可能性があります。


具体的な検査結果と症状

① 慢性蕁麻疹
 パッチテストの結果、金属が陽性に出ました。
 奥歯に虫歯の治療で銀歯をいれていたため、歯科で除去治療をおこない、その後は蕁麻疹は徐々に軽減しました。

② 手湿疹
 よくある主婦湿疹とよばれている手荒れです。検査の結果、ゴム製品に陽性が出ました。この患者さんは手湿疹がひどいため、ゴム手袋をして水仕事をしていました。ゴム手袋の装着をやめ、外用剤を使用することで症状が軽減しました。

判定スケジュール

判定スケジュール 上記のスケジュールで判定します。

パッチテストパネル(S)による検査の料金

パッチテストパネル(S)の検査料金 約6,000円(3割負担)
健康保険は適応されます。
初再診料、処方料などは別途必要です。
24項目のセット検査になりますので、個々の項目のみの検査はできません。
判定日には別途再診料が別途かかります。