東京都江東区の内科・皮膚科【南砂町おだやかクリニック】| 花粉症治療

HOME > 花粉症治療

花粉症治療

花粉症治療はお早めに。

今年も花粉症の季節がやってきました。花粉症の症状軽減には早めの治療が大切です。
花粉症治療で患者様が一番気にされるのは薬による眠気です。
しかし病院で処方される薬の中には、眠気のない薬もあります。
市販薬に多く含まれている第一世代抗ヒスタミン薬はくしゃみ・鼻水を止めますが、眠気が強く、 口が乾くという副作用がありました。
その副作用を軽減するために、新しい第二世代抗ヒスタミン薬が開発されました。
これは抗アレルギー薬とも呼ばれていて、現在病院で処方する薬の主流となっています。
薬によってはほとんど眠気がない薬もあり、パイロットも服用することもできます。
当院で良く処方する抗アレルギー薬にはアレグラ、クラリチン、アレロック、エバステル、ジルテック、ザイザルなどがあります。
また、喘息などの症状が出る場合もあり、そのような非常に症状の強い患者様にはセレスタミンやリンデロンなどのステロイド薬を短期間のみ頓用で使用してもらうこともあります。
実際に花粉症である私が、薬を飲んだ印象をあげてみました。
あくまでも目安なので患者様により異なると思いますが、効果を3段階に分けると以下のようになります。

花粉症に使用する薬剤

薬剤 飲み方 眠気の程度 効果
アレグラ 1日2回 ない やや強い
クラリチン 1日1回 ほとんどない やや強い
エバステル 1日1回 ほとんどない 強い
ザイザル 1日1回 ほとんどない かなり強い
アレロック 1日2回 ややあり かなり強い
ジルテック 1日1回 ややあり かなり強い

鼻水が強い患者様、鼻づまりが強い患者様によってお薬を使い分けています。

鼻水、鼻づまりが強い場合

上記の内服に加えて、点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、インタール)を使用します。 直接鼻の粘膜に作用し、症状を和らげます。また点鼻薬なので眠気はありません。

鼻づまりが強い場合

ロイコトルエン拮抗薬(シングレア、キプレス、オノン)やトロンボキサンA2拮抗薬(バイナス) などの薬剤を併用することもあります。 また、点鼻薬(ナゾネックスなど)を併用することもお勧めです。 さらに、鼻づまりが非常に強い時に頓用で使う点鼻薬の血管収縮薬(トーク)もうまく併用します。 これらの薬も眠気はありません。

目のかゆみが強い場合

抗アレルギー薬の点眼薬(パタノール、リボスチン、リザベンなど)を使用します。 目のかゆみが特に強いときはステロイド点眼薬(フルメトロン)を短期間併用します。 点眼薬では眠気が出ることはほとんどありません。

花粉症の注射について

花粉症に使われる注射にはケナコルト注射(筋肉注射)とノイロトロピン注射(静脈または筋肉注射)があります。 ケナコルトはステロイドの注射で3カ月程度の持続効果があります。 ただし、女性の患者様には月経が遅れるなどの副反応が出る場ありがあります。 ノイロトロピン注射は2-3週程度の持続効果で男性、女性ともに大きな副反応はありません。 現在、幅広い多くの薬が発売されており、まずはお薬による治療をお勧めします。 ただし、花粉症がひどくなる年は内服のお薬だけではコントロールができない方や職業柄内服が難しい方には 注射の治療も行っております。 詳細はお電話にてお尋ねください。